Ryo Sasagawa's Blog

笹川諒/「短歌人」所属/「西瓜」「ぱんたれい」同人

最近の活動まとめ(2024年)

最近の活動まとめ(2024年5月3日更新)

※2023年はこちら→最近の活動まとめ(2023年) - Ryo Sasagawa's Blog

 

☆短歌作品

・「猫の髭」5首(『次世代短歌 新作集2024』)

・「冥府行」5首(「短歌研究」2024年5+6月号)

・「柚子のゆうれい」10首(「短歌研究」2024年3月号)

・「grace」10首(「西瓜」第11号)

 

☆文章

・時評 「二つの新人賞受賞作を読む」[早月くら「ハーフ・プリズム」、白野「名札の裏」](「短歌人」2024年5月号)

・「笹川楽器店」[トロンボーン・トランペット](「NHK短歌」2024年5月号)

・エッセイ 「ジャンボフェリー」(「西瓜」第12号)

・「まぶしき馬の行方」[特集 恋愛短歌、最前線](角川「短歌」2024年4月号)

・時評 「永井陽子への注目」[『永井陽子全句集』](「短歌人」2024年3月号)

・時評 「『遠い感』における「遠い感」」[郡司和斗『遠い感』](「短歌人」2024年1月号)

 

☆イベント、その他

・5月3日 ラジオ エフエム諫早「チャレンジボックス」出演

・4月6日 第三回つらなる短歌連作談義 ゲスト

・2月24日、4月19日 笹川諒さんと読むはじめての短歌会(長崎・本屋ウニとスカッシュにて)

・1月27日 講演「短歌(うた)が生まれる瞬間(とき)。」(長崎・諫早市諫早図書館にて)

諫早市立図書館公式ホームページ

『水の聖歌隊』以降の歌、とりあえず20首

『水の聖歌隊』以降の歌、とりあえず20首   笹川諒

 

青白く月はこぼれて神職を選んだユリスモールのその後

 

リョウちゃん、と渚カヲルの声で聞くさらば全てのエヴァンゲリオン

 

とうめいな野原にとうめいな野原を 痛むのは縫い合わすときだけ

 

祈りつつ言葉を探すということが車のようでその車中泊

 

夏が気高くありますように 本棚をタオルケットで覆う日さえも

 

月曜には月曜の姉がいることを昼、そして夜の日記に記す

 

ブルー・キュラソーの空き瓶 命よりきれいなものをまだ見足りない

 

あなたの詩は最後にいつもお辞儀する そこから真似をしたいと思う

 

いつだって造語のようなすずしさで秋は来るのださびしくはない

 

鏡文字の柄のパジャマを着たいけど検索しても売ってなかった

 

そして詩の中には光る犬がいてその前と後ろの二千年

 

レシーブで上げたボールが冬の昼の月に変わって落ちて、目覚める

 

小品と呼ぶべき午後にアーモンドチョコを食べつつ言う「そのとおり」

 

やわらかな冬のひかりよ日時計に一人称があればうれしい

 

ゆったりと時間をなぞるたまかぎるほのかに赤い猫を眠らせ

 

罪滅ぼしのためにコップを食べるという習慣が夢の中ではあった

 

少年は俯いたままこの土地の伏せられた名前のようだった

 

空自身が壊れぬように空がまだ試さずにいる一色のこと

 

春はなおさらあなたの中に教会が二つ見えその小さめの方

 

行きたくて 海と砂漠と珈琲ゼリーの区別がどんどんなくなる旅へ

競技かるたの大会記録(編集中)

個人戦

2014年度

11月 奈良大会 A級4位

1月 太宰府大会 A級3位

2013年度

4月 熊本大会 A級4位

2012年度

4月 兵庫大会 A級4位

6月 宗像大社大会 A級優勝

3月 宇佐神宮大会 A級4位

2011年度

6月 丹波篠山大会 A級4位

9月 佐賀大会 A級4位

10月 香川大会 A級4位

11月 岡山大会 A級4位

2010年度

10月 名人戦西日本予選 4位

11月 香川大会 A級3位

2009年度

8月 大学選手権 大学代表の部準優勝

10月 香川大会 A級準優勝

10月 名人戦西日本予選 4位

2008年度

8月 益田大会 A級3位

8月 大学選手権 三回生の部3位

10月 名人戦西日本予選 4位

2月 静岡大会 A級4位

2月 東大阪大会 A級4位

3月 宇佐神宮大会 A級準優勝

2006年度

8月 大学選手権 新人戦の部準優勝

8月 学生選手権 D級優勝

9月 兵庫大会 C級準優勝

1月 大阪大会 B級4位

2月 東大阪大会 B級優勝

 

団体戦

国民文化祭

2023年度(石川) 長崎県 予選リーグ敗退

2017年度(奈良) 大阪府 予選リーグ敗退

2016年度(愛知) 大阪府 決勝トーナメント1回戦敗退

2014年度(秋田) 長崎県 予選リーグ敗退

2013年度(山梨) 長崎県 予選リーグ敗退

2012年度(徳島) 長崎県 予選リーグ敗退

2011年度(京都) 長崎県 予選リーグ敗退

2010年度(岡山) 長崎県 決勝トーナメント1回戦敗退

2009年度(静岡) 長崎県 決勝トーナメント2回戦敗退

2007年度(徳島) 長崎県 予選リーグ敗退

 

・各会対抗団体戦

2010年度 大阪大学かるた会 予選リーグ敗退

 

※編集中

「ボトルシップ」6首

ボトルシップ    笹川諒


朝露のホールデン少年はまず何をするのだろう退院後


昨日夢の中でも夢を見た人がみんな集まるBIGMAN前


原野、それから誰かが歌うサンタ・ルチアを思い言葉をはかなく尽くす


存在しない詩誌の名前が朗らかに眠るよはつなつのつま先に


チョコレート食べて悲しくなっているみたいなジュアン・ミロの一枚


幼稚園のころを思えば見えてくるボトルシップの紫の海

 

(「短歌人」2023年8月号に掲載されたものを改作)

MITASASA増刊号(歌集を読む!編8)

MITASASA増刊号(歌集を読む!編8)の配信を開始しました!

今回はPDFでの公開も行っておりますので、お好きな方法でお読みいただけましたら幸いです。

多賀盛剛『幸せな日々』の、15名による一首評です。

 

【寄稿者のみなさま(五十音順・敬称略)】

伊東黒雲、江戸雪、大橋弘岡本拓也、涸れ井戸、笹川諒、澤田悠生、志賀野左右介、枇杷陶子、本屋ウニとスカッシュ、丸田洋渡、三田三郎、虫追篤、門野優、八上桐子

 

 【PDFへのリンク】

MITASASA増刊号(歌集を読む!編8).pdf - Google ドライブ

 

【ネプリ出力方法】

セブンイレブン→61604450

ローソン他コンビニ→45QEQLPQQ7

A3白黒2枚40円です。9/7(木)まで。

 

【歌集の購入について】

全国大型書店・Amazon等で購入可能です。

幸せな日々

幸せな日々

Amazon

原稿募集のお知らせ(MITASASA増刊号・『幸せな日々』)

MITASASA増刊号(歌集を読む!編8)の原稿を募集いたします!

 

これまで七回にわたり、歌集を読む!編のネプリを発行してきましたが、八回目となる今回は、多賀盛剛『幸せな日々』(ナナロク社、2023年)の一首評企画を行います。

 

歌集を既に読んだ人にとってはさらに読みが深まるような、未読の人にとってはこれから歌集を読んでみたくなるような、そんなネプリになればいいなと思っております。どなたでもお気軽にご投稿ください。

 

『幸せな日々』は、全国書店・Amazon・出版社への注文等で購入可能です。

 

【MITASASA増刊号 歌集を読む!編8】

 

配信方法:

ネットプリントTwitter等でのPDF公開 (2023年8月下旬頃予定)

 

募集内容:

多賀盛剛『幸せな日々』から、好きな一首を選び、その歌についての200字程度の一首評(字数は、多少増減しても大丈夫です)。

※すみませんが、謝礼等はございません。ご了承ください。

 

締切:

①参加締切 2023/8/13

参加お申込みの際に、一首評をどの歌で書くかをお知らせください。希望の歌が重複した場合は、先着順にさせていただきます。

また、参加希望者があまりに多い場合は、募集を途中で締め切る場合もあります。

※参加したいけれど、どの歌で評を書くかをじっくり考えたいという方は、ひとまず参加のお申し込みをしていただき、歌の希望を8/13までに送っていただくという形でも大丈夫です。

 

②原稿締切 2023/8/20

 

参加申込み・原稿の送付:

Twitterの場合→「ぱんたれい」のアカウント(@ms_yogisha)宛にDM

メールの場合→ryo.ryo.ryo514☆gmail.com (☆を@に)

 

たくさんのご投稿、お待ちしております!

 

(以下、多賀盛剛『幸せな日々』より四首抜粋)

よるにみたほしが、よるにみたことと、ほしをみたこととわかちがたくて、からだがあった、

ねつがみえたら、じぶんのねつでめえがくらんで、それでもたぶん、べつによかった、

せかいの はてで うまれた さかなが その ひょうしに はての むこうへ およいでいきました

わたしは、わたしのゆびがひかりにすけることを、みんなとずっとはなしてたかった。

 

※過去に発行した一首評ネプリはこんな感じです。ご参考までに。

・笹川諒『水の聖歌隊

MITASASA増刊号(歌集を読む!編6).pdf - Google ドライブ

・三田三郎『鬼と踊る』

MITASASA増刊号(歌集を読む!編7).pdf - Google ドライブ

幸せな日々

幸せな日々

Amazon

「詩線」に掲載された永井陽子の歌(「短歌人」2022年9月号)

「詩線」に掲載された永井陽子の歌 笹川諒

 

 「詩線」は、学生時代に同じ文芸部に所属していた大西美千代(詩)、黒田百合子(エッセイ)、永井陽子(短歌)の三名によって、一九七五年に創刊された同人誌だ。その後、瀬川良子、松平盟子も加入したが、十二号(一九八〇年)以降は、大西と永井の二人誌となり、三十二号(一九九二年)で終刊となった。
 永井は創刊号から終刊号まで毎号欠かさず短歌連作を発表しており、エッセイや書評など散文こそ色々と書いているものの、韻文に関しては短歌一本で勝負している。これに関しては相方の大西も同様で、韻文は詩のみを発表している。大西は後年「私は短歌に踏み込まず、彼女は詩に踏み込まないことで、お互いの距離を取り合っていたのだろう。(中略)短歌や詩について意見を戦わせるには、永井は短歌に、私は詩に本気でありすぎた」*1と述べていて、「詩線」がいかにストイックな同人誌であったかをうかがい知ることができる。
 「詩線」創刊号から終刊の三十二号までに掲載されている永井陽子の短歌を数えると、全部で四七九首あった。そのうち、二一七首がいずれかの歌集に収録されており、永井にとって「詩線」は作品の重要な発表媒体の一つであったといえる。それぞれの歌集ごとの収録歌の数の内訳は『なよたけ拾遺』六十三首、『樟の木のうた』五十九首、『ふしぎな楽器』三十七首、『モーツァルトの電話帳』十一首、『てまり唄』四十七首となっている(歌集収録歌かどうかは『永井陽子全歌集』の索引を使って逐一チェックしたが、改作のある歌などを見落としている可能性もあり、あくまで概数ということでご了承いただきたい)。

 

 『なよたけ拾遺』の時期(「詩線」一号~六号)

 

  なだらかに明日へとつづく橋を断つそのみなかみに鶴は燃ゆるも(一号)
  父は天にわたくしは地にねむる夜の内耳のあおい骨ふるえつつ(三号)

 など六十三首が、「詩線」で発表されたのち『なよたけ拾遺』に収録されている。仮名遣いは三号までは新かな表記、四号から旧かな表記に変更されている。この時期について永井は、父が他界し、遠からず老いてゆく母と二人の生活を守らなければならないという束縛がある中、「そんなことをいくら歌ってもしかたないから、私は歌の中でだけ思いっきりわがままで、軽く、非現実であろうとした。私ではない私が、作品の中にのみ生きていた」*2 と述べている。そのようにして生まれた『なよたけ拾遺』は、古典を下敷きにしながら現代とも接続する不思議な物語的空間を、一冊を通じて展開してみせた画期的な歌集となった。歌集の中でも異彩を放つのが、連作の途中にお囃子のような言葉が挿入される「風の説話」一連、非常に長い詞書を付した「邪鬼の見たもの」一連、四季の歌にちなんだ短い物語四篇から成る「散佚物語集」だが、これらはすべて「詩線」が初出の作品なのだ。総合誌や結社誌は歌数の指定や作品の掲載スペースの問題など様々な制約があるため、実験的な作品を発表するのにはあまり適さない。永井自身が立ち上げた「詩線」という思い通りに使える場があったからこそ、これらの斬新な作品が生まれ、『なよたけ拾遺』が誕生したことを思うと、「詩線」の果たした役割は大きいといえる。この時期だけに限らず、「詩線」に掲載されている永井作品は、普段よりさらに自由で伸びやかな印象を受けるものが多い。
 『なよたけ拾遺』に関しては、歌集刊行後の「詩線」八号に批評特集のページがあるが、これは読み物としてかなり面白い。歌集の感想として永井に送られた私信がそのまま転載されているため、普通の書評などとは異なり、きわめて率直に歌集に対する賛否が記されているからだ。「年頃私は、日常のなんでもを歌にせずば気のすまないという種の歌人のうたにうんざりしているものですから、あなたのように、選びとった上での世界のうたという方向に共鳴するものです」(佐竹彌生)や「歌集一巻として見ればその感受性がまだ生きていず、表現がもっと研がれるべきではないかと思いました。幻想風の作品ももうひとつリアリティに乏しいという印象です」(伊藤一彦)など、興味深いコメントが多い。

 

 『樟の木のうた』の時期(「詩線」七号~十六号)

 

  たはむれにかぶせくれたる面頬の汗くさき闇もあたたかかりき(十一号)
  大木の群生をぬけて星くさきみづを飲みしやジュラ紀のうさぎ(十六号)

 など五十九首が、「詩線」で発表されたのち『樟の木のうた』に収録されている。『樟の木のうた』は秀歌も多いが、永井の歌業全体を見渡すと、ある意味で過渡期の歌集だといえる。掲出歌「たはむれに~」を含む「竹刀」一連は永井にしては例外的に相聞色が強く、「山彦」一連は前作『なよたけ拾遺』の手法を引き継ぐ作品だ(「山彦」は「山彦が山へかへる朝」というタイトルで「詩線」十二号が初出)。また、職場など実生活を素材として扱う歌が登場する一方、次の『ふしぎな楽器』につながる遠くはるかな時間・空間にたましいを飛ばして詠んだような歌も多く見られる。バリエーションは豊かだが、まとまりに欠ける印象も否めない。
 以上のこととどの程度関係があるかはわからないが、この時期の「詩線」掲載歌は、歌集に収録されている割合が他の時期と比べてやや低い。たとえば、八号は十二首中一首、十号は十首中一首のみの収録だ。

  片親と末の子の家のあかときに時計がこぼす砂を想ひぬ(九号)
  たれか告げたき愛あるゆふべ庭隅のほほづきを染め風は過ぐるを(十号)
  あしたには死ぬやうなこともあらむやと新しき鉛筆全部をけづる(十五号)

 歌集から落とされた歌にはこのような歌がある。『てまり唄』以前の永井は、歌集から私性を徹底的に排除しようとしていた。水谷澄子が「どうやら永井は自分にとって恥ずかしいと思っている現状の表出を、私性と呼んでいるようだ」*3と述べているように、特に恋愛の歌、不安や心細さを詠んだ歌は、『樟の木のうた』にもほとんど収録されていない。

 

 『ふしぎな楽器』の時期(「詩線」十六号~二十五号)

 

  ここはアヴィニョンの橋にあらねど♩♩♩曇り日のした百合もて通る(二十一号)
  あはれしづかな東洋の春ガリレオの望遠鏡にはなびらながれ(二十三号)

 など三十七首が、「詩線」で発表されたのち『ふしぎな楽器』に収録されている(ちなみに、十六号の「ジュラ紀のうさぎ」一連には、『樟の木のうた』に収録されている歌と『ふしぎな楽器』に収録されている歌の両方がある)。永井の自筆年譜の昭和59年(一九八四年)の項に「この頃より、短歌はふしぎな楽器であると思いはじめる」*4とあるが、「詩線」にもその時期、一九八四年八月に発行された二十一号の「曇り日のコンチェルト」をはじめ、「Generalpause」(二十二号)、「ガリレオの望遠鏡」(二十三号)、「秋の随身」(二十四号)といった音楽を一つの軸として据えた非常にクオリティの高い連作が掲載されている。その中には永井の代表歌「あはれしづかな~」も含まれていて、「詩線」二十三号で実際に歌の掲載を見つけたときは感慨深いものがあった。少し余談になるが、永井は「短歌人」一九八五年七月号の「ガリレオの望遠鏡」という文章で、「先ほど清書したばかりの「ガリレオの望遠鏡」から抜く。友人と二人で続けている雑誌(「詩線」と言います)のため書いたもの」と前置きし、「あはれしづかな~」の歌の自注を書いている。加えて「歌壇」一九八七年十二月号でも「ガリレオの望遠鏡」という同じタイトルの文章で再度「あはれしづかな~」の自注を書いていて、永井自身にとっても、会心の作だという自負があったのかもしれない。

  バラライカロシア料理の店にあるそのことをしもさびしくおもふ(二十三号)
  歌よその天与のうつは差しのべて盛らなむ秋の碧(あを)のかぎりを(二十四号)

 『ふしぎな楽器』からよく引用され、永井の音感や詩性が存分に発揮されたこれらの歌も、「詩線」が初出の歌だ。

 

 モーツァルトの電話帳』と『てまり唄』の時期(「詩線」二十六号~三十二号)

 

  おのづから意識の外をうつりゆく月光(ひかり)ありブランデーグラスもねむる(二十六号)
  たをやかに夢の世界を歩みゆく鶴を見きその鶴は病みにき(二十九号)

 など、『モーツァルトの電話帳』には十一首、『てまり唄』には四十七首が「詩線」で発表されたのちに収録されている。永井はあるインタビューで「砂子屋書房と河出書房の両方からお話があって、歌稿の整理を始めたときに、ああこれはとても一冊にして発表はできないな、と思いました」*5と述べているが、その結果、この時期に雑誌等で発表された作品の多くは最終的に、一つの連作の中に、『モーツァルトの電話帳』に収録される歌、『てまり歌』に収録される歌、歌集未収録の歌の三種類が混在することとなる。
 とはいえ、「詩線」は一九八九年十一月に三十一号が刊行されたのを最後に刊行がストップし、一九九二年の一月に三十二号(これまでのように冊子ではなくB4一枚、永井の短歌は五首のみ掲載)を刊行して終刊となるので、この二冊の歌集に関しては、「詩線」から歌集に収録された歌は数自体そこまで多くはなく、歌集の核を成すような歌もあまり含まれていない。
 以上、「詩線」に掲載された永井陽子作品を各歌集の制作時期ごとにその特徴を見てきたが、「詩線」には一つのテーマを基に永井と大西がお互いの意見を述べる「詩線の視線」や、永井の生の声に触れることができる「編集後記」など、作品以外にも注目すべき内容が多い。興味を持たれた方は、国立国会図書館等でぜひ閲覧していただけたらと思う。

 

*1 大西美千代「「詩線」の頃」(角川「短歌」二〇〇三年八月号)

*2 永井陽子「はるか遠い時代からの声」(永井陽子『モモタロウは泣かない』、ながらみ書房、二〇〇二年)

*3 水谷澄子「永井陽子の私性 チキンカツのお姉ちゃんから飴色の金魚への推移」(「短歌人」二〇二一年五月号)

*4 「永井陽子自筆年譜」(「歌壇」一九九一年十一月号)

*5 永井陽子インタビュー「『てまり唄』の世界」(久々湊盈子『歌の架橋 インタビュー集』、砂子屋書房、二〇〇九年)