Ryo Sasagawa's Blog

笹川諒/「短歌人」所属/短歌のことを書いていこうと思ってます。

『短歌人』2018年10月号の、好きな歌10首(会員欄)

少年が光線(ひかり)の中をよぎり来てわれにものいう双腕を垂り(北岡晃)

 

ひまわりの背丈こえたらあとはもう、ただ、もう、ひとりびとりの道途(鈴木杏龍)

 

出身を聞けば「火星」と真剣に答えるような男の寝顔(鈴掛真)

 

満ちてゆく今朝の木漏れ日葉脈を巡ればひかりいま夏の色(高良俊礼)

 

缶コーラおごってくれる父のいて夏しゅわしゅわと定型にあり(古賀大介)

 

蝉よ蝉、SF的な御茶ノ水。われ泣きぬれてぢつと手をみる(いなだ豆乃助)

 

フロアには大きな光の輪が回り曼荼羅のよう 僕らは踊る(空山徹平)

 

1ぴきとひとりの止まる道のうえ白くて太いひらがながある(相田奈緒

 

昼ならば青空だろう真っ黒な空にかざしている500円(山川創)

 

落ちてきたような雀がちゃんと立つ 曇り日の昼休みの路地に(山本まとも)

 

 

※掲載ページ順です。万一誤字・脱字等ありましたら、すみません。