Ryo Sasagawa's Blog

笹川諒/「短歌人」所属/「ぱんたれい」同人

原稿募集のお知らせ(MITASASA増刊号・『既視感製造機械』)

MITASASA増刊号(歌集を読む!編)の原稿を募集いたします!

 

今回の増刊号では、この4月に発行された大橋弘さんの第三歌集『既視感製造機械』(六花書林、2020年)の一首評企画を行います。

 

コロナの影響で、最近読んだ歌集の話を誰かとするというのもなかなか難しい状況の中、歌集の感想を大勢で共有できる機会があれば……というのが今回の企画の趣旨です。どなたでもお気軽にご投稿ください。

 

大橋弘『既視感製造機械』は、出版元の六花書林様のウェブサイト(六花書林 出版刊行案内)にて購入可能、Amazonには今のところないようです(2020/4/17現在)。

 

【MITASASA増刊号 歌集を読む!編】

 

配信方法:

ネットプリントTwitter等でのPDF公開 (2020年5月中旬頃予定)

 

募集内容:

大橋弘『既視感製造機械』から、好きな一首を選び、その歌についての200字程度の一首評(字数は、多少増減しても大丈夫です)。

※すみませんが、謝礼等はございません、ご了承ください。

 

締切:

①参加締切 2020/5/3

参加お申込みの際に、一首評をどの歌で書くかをお知らせください。希望の歌が重複した場合は、先着順にさせていただきます。

また、参加希望者があまりに多い場合は、募集を途中で締め切る場合もあります。

②原稿締切 2020/5/10

 

参加申込み・原稿の送付:

Twitterの場合→MITASASAのアカウント(@ms_yogisha)宛にDM

メールの場合→ryo.ryo.ryo514☆gmail.com (☆を@に)

 

たくさんのご投稿、お待ちしております!

 

(以下、大橋弘『既視感製造機械』より五首抜粋)

俺はどこに行こうとするの開け閉めを重ねた金庫のように無口で

いま午後の毛玉を取ってしまったらもうやることのない夏なのである

日が暮れて少し強気でいられるが天使が来たら負けてしまうよ

明け方のサーカス小屋の静けさがあるだろ俺の名刺の書体

心臓と同じ高さに夕焼けを置き、それからがみなしごだった