Ryo Sasagawa's Blog

笹川諒/「短歌人」所属/「ぱんたれい」同人

最近書いたもの(川柳塔ミニエッセイ、『あみもの』第二十号)

ちょっと時間が経ってしまったのですが、最近書いたものをまとめておきます…。

 

「川柳塔ミニエッセイ」に暮田真名さんの『補遺』に収録されている、<どうしたら備長炭へご挨拶>という句について文章を書きました。

川柳塔若手同人ミニエッセイ | 川柳塔

 

暮田真名さんの川柳はとても面白くて、『補遺』と『当たり総集編』をよく読み返しています…!

 

そろばんを囲んだ そんな夏はない

音がないところもあるが友達だ

もしかして更迭されてゆくイルカ

かなしみと枯山水がこみ上げる

どうしたら備長炭へご挨拶

(暮田真名『補遺』より)

 

それから、御殿山みなみさんの『あみもの』第二十号に投稿しました。もう次の二十一号が発行されていますが、バックナンバーもPDFで閲覧できますので、もしよろしければ…。「渡ってしまう」という11首の連作です。

短歌連作サークル『あみもの』: あみもの 第二十号

 

パイナップルジュース(ひかりのような嘘)君は何回でも眠るから

今でも君の中にあるのか僕にはあるけれども君のさびしいルクア

(笹川諒「渡ってしまう」『あみもの』第二十号より) 

 

『あみもの』は初めての参加だったのですが、編集後記での御殿山さんの感想を皮切りに、twitterでの歌の引用や評、感想ツイキャスなど様々なフィードバックをいただけて、貴重な経験になりました。本当に有難うございました。