Ryo Sasagawa's Blog

笹川諒/「短歌人」所属/「ぱんたれい」同人

詩「平均律」

平均律      笹川諒

 

夏のにおいがする方へ

心を広げてゆくと

青いマッチ箱があった

 

あなたはそのマッチ箱に座って

しかし

僕には決して見えない方の右手で

湖と詩とが互いに蝕み合わないように

よく抑えている

 

「自己修復という語彙をひとしく交換して」

 

僕たちは目を閉じれば

感情が一番ふさわしい形をとることを

あえなく知っていて

記憶の枝と枝を重ねると

シトラス水のように光りだすことは

もはや自明であった

 

「然るべきところへゆけば色をひとつ失う」

 

あなたはその開闢の歴史を

遺伝子を通して

(ある地点を越えたら、もう)

しずかに渡し

また次の、平均律の夏に

再び現れる

 

その度に僕たちは

ひとつずつ色を捨てて

 

 

※『現代詩手帖』2018年9月号 新人作品・選外佳作