Ryo Sasagawa's Blog

笹川諒/「短歌人」所属/短歌のことを書いていこうと思ってます。

「手に花を持てば喝采」10首

手に花を持てば喝采        笹川諒

 

 

よくできたかなしみのよう雨止みを待つバス停で語るマティスは 

 

音声が急に途切れる 耳鳴りの音はたまごっちが死ぬ音だ

 

きっと覚えておけると思うアラベスクいつか壊れてゆく体ごと

 

星きれい あなたは知らないだろうけどあれなら神々の自爆テロ

 

たとえば夜が生徒のように慎ましく麦茶を飲んでいる いや僕が

 

(海沿いを歩くシスター)それからを僕は幼い僕と歩いた

 

舟旅と思えば舟の詩が書けることだよ、いつも感謝するのは

 

手に花を持てば喝采(くれぐれもあなたの比喩が割れないように)

 

パラフィン紙分けあうように冬を待つこころに敵を置かない人と

 

歯を磨くたびにあなたを発つ夜汽車その一両を思うのでした

 

 

※初出は『ネプリ・トライアングル(シーズン3)』第1回