Ryo Sasagawa's Blog

笹川諒/「短歌人」所属/短歌のことを書いていこうと思ってます。

『短歌人』2018年20代・30代会員競詠から好きな歌

手をつなぎゆつくり進む子とふたり紋白蝶に追ひ越されをり(桃生苑子

 

考えの差し出し方のうつくしいあなたの真似で五月を抜ける(相田奈緒

 

犬をイヌ用キャリーで運ぶ人がいていつもより強くつり革を持つ(浪江まき子)

 

乳酸菌一億個 個? 個だそうです 一億個、二個買ってみますか(山本まとも) 

 

丹頂鶴の美しいこと折れそうな足を見てたら恐ろしくなる(佐々木あき)

 

たったいま舐めたばかりの濡れた毛の質感こそを猫と呼ぶべし(有朋さやか)

 

一人なら自然な笑いができるのにどうして外ではできぬのだろう(上村駿介)

 

どこで覚えたか分からぬが座っている私の肩を優しくさする(笠原宏美)

 

図図算音体国 明日の時間割吟じつつ子がランドセル閉づ(河村奈美江)

 

ra ra ru あなたが失われた部屋の冷たい床の体育座り(北城椿貴)

 

アパートの植え込みにさっと入りこむハクビシンを見た 先日も(小玉春歌)

 

流されていけば何かが見つかると抱かれたままで空(くう)をまさぐる(笹渕静香)

 

花束はちゃんと綺麗だ貯めていたTポイントで注文しても(鈴掛真)

 

背表紙に指を掛ければ夏雲がわたしの奥で湧きたつ気配(葉山健介)

 

にび色の空を押し上げ鼓門金沢駅は”まつり”の前夜(松村翔太)

 

親兄弟かれにも言えぬことごとを引き受けくれる歌ぞいとしき(真中北辰)

 

十七の頃に必ず頼んでたコスモドリアを今も食べてる?(古賀たかえ)

 

せせらぎはひとすじの楽器であった。楽譜は書いたそばから燃えた。(鈴木秋馬)

 

老犬と老人がまだあたたかい焼き印のように連れ立ってゆく(大平千賀)

 

海底を散歩している錯覚をそのままにして駅を目指した(天野慶

 

際限のあるものとして美しく就活生が日傘をさして(中井守恵)

 

 

それぞれの作者の方の、特に好きな一首です!