Ryo Sasagawa's Blog

笹川諒/「短歌人」所属/短歌のことを書いていこうと思ってます。

3月8日のメモ

何てことのない一日だったけれど、頭の中でずっとジブリの主題歌が流れている。本当に何かが終わるときはこんな感じに終わるんじゃないかと、すこし不安になる。中学や高校の頃に一つ上の先輩が、一年というはるかな時間の、その分の高みにいた、その感じが僕には遠いものになってしまった代わりに、テレビで見たおばあちゃんの「かなしい」という一語に、あらゆる部分がバチバチと反応している。感覚と感覚を引き替えながら進むということは、どれくらいの正しさの中にあるのだろうか、というのが、最近の自分の中での問題意識としてあるような気がする。

 

 

無題という題がどれだけ美しいことかを伝えたくて会いにゆく/笹川諒