Ryo Sasagawa's Blog

笹川諒/「短歌人」所属/短歌のことを書いていこうと思ってます。

「世界の猫がいた百貨店」8首

世界の猫がいた百貨店   笹川諒

 

 

ほろぐらむ きれいに好きと言えなくて政治意見は持たないでいる

 

 

行きだおれたくはないから晩夏には晩夏の似合う後輩と飲む

 

 

ナタデココ食べれば急に(ごめん今からしばらくは気分が落ちる)

 

 

ひとつまた更地ができる ミルクティー色をしていて泣きそうになる

 

 

冷えた手の甲を重ねて僕たちは既視感の王国を出る舟

 

 

ピスタチオその緑ほどさびしくてたぶんあなたの好きな食べもの

 

 

自画像のような夕日で思い出す世界の猫がいた百貨店

 

 

無題という題がどれだけ美しいことかを伝えたくて会いにゆく

 

 

 

 

※2017年1月~12月に『短歌人』に掲載されたものをまとめました。