Ryo Sasagawa's Blog

笹川諒/「短歌人」所属/短歌のことを書いていこうと思ってます。

短歌人さんを読む①

 

『短歌人』の歌の一首評を少しずつ、時間の許す範囲で書いていこうかな、と思います。気長にお付き合いいただけましたら……。

 

塩で炒めただけのキャベツをつまみつつ水仙みたいな夢想に浸る/千葉みずほ

 

水仙」「夢想」とあると、ギリシャ神話のナルキッソスをイメージする。湖に映った自分の姿に恋をしてしまったナルキッソスの話と「塩で炒めただけのキャベツ」には、かなり距離があるように思えるが、キャベツの葉から水仙の葉がイメージされたのだろうか。奔放な想像力を感じる歌。

 

弱点を打ちあけようと今日はした歩行者天国傘一本で/相田奈緒

 

打ち明け話をさあするぞと思った瞬間、急に心細くなって(もしくは、冷静になって)周囲の状況を確認すると、ここは商店街か何かの歩行者天国であり、手には傘が一本あるだけだった、ということなのだが、不思議と強い印象が残る。「天国」という言葉からは、今から自分の弱みを晒そうという場面にはそぐわない少し間抜けな印象を受け、「傘一本で」という書き方をされると、まるで傘が武器のように見えてくる。傘は武器として使うには、何とも頼りない。「歩行者天国傘一本で」という表現から、主体の心情が色々と読み取れそう。

 

長い髪ひとふりしてゆく屈折のいわせた言葉はそこに落として/笠原真由美

 

「屈折」という言葉に、まるで実体があるかのような言い方。それだけ主体にとって「屈折」は存在感があるというか、馴染みの深いキーワードなのではないだろうか。「屈折のいわせた言葉」がどのような内容のものであるかは推測するしかないが、本当の自分の気持ちとは異なる、人間関係を円滑に保つための表面的な言葉なのかもしれない。それを長い髪をひとふりすることで払い落とし、颯爽と立ち去ってゆく主体のカッコよさ。

 

テレビの先生だはしゃぐ気持ちをレトリーバーがべろべろに舐める/国東杏蜜

 

テレビで見たことのある有名な先生を実際に生で見ることができ、はしゃぎそうになる主体。でも主体は大人なので、「はしゃぐ気持ち」に意識的に何らかのストップをかける(または、無意識のうちにストップがかかる)。そのストップ現象を、レトリーバーからべろべろに舐められているように感じた、ということなのだろうか。べろべろに舐められることによって主体は、はしゃぐ気持ちが収まる。しかし、レトリーバー自体ははしゃいでいるからこそ「べろべろに舐める」という行為をするわけで、このレトリーバーもまた主体の意識(または無意識)の中からやってきた存在であるという整合性が、奇妙な形で保たれている、という風に個人的には読んだが、他にも色々読めるはず。(おそらく)心象のレトリーバーが、主体の気持ち「を」舐めるという自由な発想が、清々しい。

 

折りたたむとプードルになるひざ掛けをプードルにして落とし物箱へ/姉野もね

 

この世界の様々な事物にはそれぞれに望ましい形がある、ということへのささやかな信頼。そして、それを信じていたいという祈りにも近い気持ちで、ひざ掛けをそっとプードルの形に折りたたみ、落とし物箱へと入れる。迷子になってしまったプードルが、飼い主にちゃんと見つけてもらえるように、と願いながら。

 

※掲出歌はすべて『短歌人』2019年7月号より。

『短歌人』2019年7月号掲載歌

『短歌人』2019年7月号 会員1欄掲載歌   笹川諒

 

僕たちの寿命を超えて射すひかりの中で調弦されてリュート

 

君はその市場で君の語彙を買いいくぶん正しいコーラスをした

 

それなりに生きてゆけるよ人を裁くのが人であるこの世界線

 

ほっとけば死ぬし竹輪を食べている/お風呂が沸けばバブを加える

 

薄紙を纏えばきっとうつくしい君が歌っている傘の歌

 

走馬灯、あるいは感受性ごっこ 僕のヒーローには僕がなる

『MITASASA』第7号、相互評

MITASASA第7号の相互評を公開します。今回はメンバーの三田三郎・笹川諒に加え、金川宏さんをゲストにお迎えしています。ネプリをもう読まれた方はもちろん、まだの方でもお楽しみいただける内容になっているかと思います!ネプリの配信は6月8日土曜日までですので、お忘れなく。

 

肝臓の薬を酒で飲み下しみんな一緒に矛盾しようよ/三田三郎

 

肝臓の薬を酒で飲み下すとは、まったく……と思うのだが、面白いのはこの時点で主体は結構酔っていそうなのに、自分の行為が矛盾しているということを冷静に自覚しているという点だ。また、自分一人で勝手に矛盾していればいいものを、「赤信号みんなで渡れば怖くない」とでも言うように、「一緒に矛盾しようよ」と呼びかけている。一人でやさぐれながら飲むのではなく、何だか一緒にスポーツでもしようと誘っているかのような倒錯的な爽やかさがあるのだが、これは「みんな一緒に」という少し幼い感じのする言葉遣いや、文末の「よ」によるもので、このあたりの細かい言葉の捌き方が三田さんならではだな、と思った。<笹川>

 

コインチョコを壁にぺたぺた貼っていく遊びがあれば二人でしたい/笹川諒

部屋干しの水蒸気たちに囲まれて眠る 命名とはこんなもの/同

砂袋にレモンを詰めて待っていて、あらゆる緊急停車の先で/同

 

一首評ということだが、ここでは連作全体に触れてみたい。先頭と五首目、末尾の歌を掲げてみた。連作の先頭に置かれた一首。この二人って、アメリカ映画『明日に向かって撃て』の銀行強盗、ブッチとサンダンスじゃないかと勝手に思ってしまった。『ゴールドラッシュ』というタイトルと、コインチョコという本物よりキラキラしている金貨に刺激されたのかもしれない。二人は、まんまと手に入れた獲物をニヤニヤしながら「壁にぺたぺた貼っていく」。そんな遊戯を仮想することから小さな日常の物語が始まる。続く連作の二~四首目は、恋人同士サンダンスとエッタがささやいているような感じだ。「あったなんてね」「いくぶんか」「ああ・・・だった」、柔らかな語り口。「椅子」「摩天楼」、ちゃんと歌の核になる物も仕込んである。エッタは「きんいろの猫」だ。真ん中に掲げた連作五首目。「部屋干しの水蒸気たちに囲まれて眠る」、なんとも素敵な静けさに包まれた夜が歌われている。音楽で言えば、アレグロで始まってここでラルゴに変わるような。「命名とはこんなもの」、静寂のなかでふっと呟かれるこの言葉が憎らしいほど効いている。「命名」というのは単純に子供に名前をつけるというのではないような気もする。平凡だけれども優しさに包まれた夜の、世界全体を命名しているのかもしれない。連作六首目には、言葉によって次の言葉を切り開いてゆく作者の作品制作手法の一端が垣間見える。「燃えたがる向日葵」というのは様々な読みを誘発するだろう。そして、連作末尾の歌。どうしても『明日に向かって撃て』のラストシーンを思い出してしまう。ブレッドソー保安官に「おまえらにできることは、死に場所を選ぶことだけさ」、と追いつめられた二人が砂袋にぎっしりと詰め込んでいたのは、なんと金貨ではなくレモンだったとは。あざやかな幕切れである。最後に笹川さんに、この一連の中にあのバート・バカラックの「雨にぬれても」に彩られた一篇の詩のような自転車のシーンを詠んだ歌を入れてほしかったなあ、とないものねだりをしておきます。<金川

 

殺めたき紅葉の背へみたしゆくつぎはぎだらけのひかり ほろびよ/金川

【ルビ】背:せな

 

一読しただけでは、禍々しい印象を受けるかもしれない。それもやむを得ないことで、「殺めたき」「つぎはぎだらけ」「ほろびよ」と、物騒な単語がこれでもかと並んでいるのだから。ただ不思議なことに、丁寧に読み返してみるうちに、初読時から少しずつ印象が変わってくる。当初の生々しさやウェットさが蒸発し、静謐な慈愛を帯びた空間が立ち現れる。そこにおいては、「ほろびよ」という言葉さえ、厳粛な救済の執行を表しているかのようである。<三田>

【寄稿】「詩客」2019年6月1日号

ウェブサイト「詩客」に、上篠かけるさんの連作「春の」についての評を載せていただいております。お読みいただけますと幸いです。

 

短歌相互評第39回 笹川諒から上篠かける「春の」へ - 「詩客」短歌時評

 

 

また、上篠さんに僕の連作「涅槃雪」への評を書いていただいております。こちらもぜひお読みください。

短歌相互評第38回 上篠かけるから笹川諒「涅槃雪」へ - 「詩客」短歌時評

作品へのリンクはこちら。

涅槃雪 笹川諒 « 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト

ネプリ『MITASASA』第7号

ネットプリント『MITASASA』の第7号、配信開始しました!(~6月8日まで)

 

短歌:三田三郎、笹川諒(各7首)、金川宏(10首)です。

今回は『揺れる水のカノン』の金川宏さんをゲストにお迎えしています。

 

【出力方法】

セブンイレブン →83613519

ローソン他コンビニ →45QEQLPQQ7

A4、白黒、両面(短辺とじ)、40円です。

 

よろしくお願いします!

【寄稿】歌人リレー企画「つがの木」~ネット歌人編第11回~

歌人リレー企画「つがの木」のネット歌人編、第11回に寄稿しました。自己紹介、自選五首に加え、ネットプリント「ウゾームゾーム」で活動中の瀬口真司さんの短歌を紹介しています。お読みいただけますと幸いです。

歌人リレー企画「つがの木」〜ネット歌人編〜第11回 笹川諒さん - 短歌プラットフォームさんばし

 

また、前回の第10回では有村桔梗さんに拙歌五首を取り上げていただきました。こちらもぜひご覧ください。

歌人リレー企画「つがの木」〜ネット歌人編〜第10回 有村桔梗さん - 短歌プラットフォームさんばし

『MITASASA』第6号、相互評

『MITASASA』第6号の相互評です。多賀盛剛さんがゲストの回です!

 

「色水」(詩)/笹川諒

 

我々が生活を営んでいる日常世界の反対側というのは、決して暴力団が跋扈する繁華街でもなければ、数多の銃弾が飛び交う戦場でもない。(無論、ブラジルでもない。)慈しむような手付きで丁寧に選び取られた言葉たちの連なりが軽やかに脱臼していく様を眺めるうちに、読者は自覚なしに日常世界から「ゆるく、はずれてゆく」。そして、何かに優しく(でもしっかりと)背中を押されるようにしながら、覚束ない足取りで最終連に辿り着いたとき、読者はいつの間にか日常世界の反対側に立たされていることを実感し、暫し「地下書庫」の中で呆然とせざるを得ないのである。<三田>

 

洗剤を入れ忘れても洗濯機は回り続けて健気なやつだ/三田三郎

 

洗濯機、ふくいれて、洗剤いれて、いちじかんたったらまわってへんかったことはある、たぶん、洗剤いれわすれたことも、あるとおもうねんけど、でも洗濯おわったあとの、けっかからわからんから、わからん、というにんげんからみて、とちゅうで洗剤いれわすれた、ってきづくん、なかなかすごい、ドラム式洗濯機なんやろか、せやったらなかみ、みえるもんね、たまたま洗濯機んとこ、もどってきづいたんかも、せやなくて、そとからなかみえへんの、これやったらもっとすごい、洗剤いれわすれたって、きおくがたしかにある、おもいだせる、もしかしたら、洗剤いれわすれたこと、じぶんはだめだなあって、おもてるんかもしれんけど、いえいえ、きづけるんがなかなかすごいですよ、っていってあげたい、でも、きづいてんのに、ストップボタンおさんと、洗濯機ながめてんの、これなかなかこわい! しかも洗濯機にたいして、うえからめせんで! ここは狂ってる、三田さんの短歌って、ひらたい日本語で、イメージもしやすいのに、それやのにいつも狂ってて、すごい。<多賀>

 

くつのうら、さくらだらけやったひと、いっしょにあるいてたぼくも、たぶん、/多賀盛剛

 

最後の「たぶん、」がグッとくる。一緒に歩いていた人(連作を通して読むと、おそらくお母さん)の靴の裏が桜のはなびらだらけなのを見て、自分の靴の裏もきっと同じように桜のはなびらがたくさん付いているのだろうな、と主体は思う。思うだけで、実際に靴の裏を確かめたりはしない。当然のことだが、人間はたとえ親子であろうと、どこまでいっても個の存在であり、どれだけ親しい他者との間にも明確に境界がある。にもかかわらず、この「たぶん」という発語の瞬間にその境界線が一瞬、ふっと緩むような、まるで赦しのような感覚が読み手にもたらされる。そして最後の「、」からは、それが今後も二人の関係性において持続していくような印象を受ける。今回の多賀さんの作品はきわめて高い連作意識に基づいて編まれているので、ぜひこの一首だけでなく、連作で通して読んでいただけたらと思う。<笹川>